見てくれてあざぁす(^^)

本日は使えるインジを紹介しようと思います。

かれこれ2年使用してるインジですが、リアルタイムに通貨の強弱が表示されます。

使用方法は至ってシンプルで主要通貨の強弱が数値化され反映されます。

強い通貨と弱い通貨ペアの数値を監視してると強弱上限値付近では緑や赤に数値が変わりますので、強いトレンドが発生してる際は数値を監視して各通貨の強弱バランスを見て急激なレート変動を何の理由なのかをソース確認し、チャートを見てエントリーする等と至ってシンプルな使い方の出来るインジです。

他にも通貨の強弱を確認するインジがあり、グラフで推移を見るものがありますが通貨ごとの色で判断するタイプなので俺の取引スタイルには少々使い勝手が悪いです。

要約すると各通貨のADXのような感じのインジがリアルタイムに数値化されていくと言ったイメージに近いのでしょうか。

一つ難点があり
インジを反映させるとバグによりテキストラベル、テキストが消えて
しまう

チャートにテキスト、テキストラベルを貼るとバグなのでしょうが、時間を切り替えたり、チャートを再起動させるとテキスト、テキストラベルが消えてしまいます。
最初は原因がわからず色々試した結果判明したのですが、FOMC議事録やEU圏の問題軟化、雇用統計等重要な意味を持つ内容に対し、大きくレート変動したきっかけの足に後からチャートを見た際に何だったか?等をチャートに反映させてる方は、別チャートにインジを入れておく位しか対処方法が無い事です。

1000pips dashboard
1000
パラメータ設定
10002
上から5番目は15分足と1時間足が陽線か陰線かを矢印+赤緑で表示させる機能なので特にいらないでしょうが、俺は視覚的にひと目でわかるので反映させてますが要らない人は消して使用するのもありです。
キャプチャされた範囲には写ってませんが通貨強弱アラート機能もありますが俺は不要なので切ってます。
デフォルトでは全てtrue表示されてますが、ピボット等は見辛いので他の物を入れた方がいいと思います。

「MT4 1000pips Dash Board」 とググると出てきますので、試しに使ってみると良いと思います。

モニターの数が少ない方もそうでない方にもありがたいインジだと思います。

アラート機能はONにして使う時は通貨が赤緑に変化する極端な数値が出る時にはチャートを見ずに他の事をしたりしてる時には結構耳障りな位の高い音が連発しますので、そういう使用方法もありです。

初動でピンポイントにて時間軸の短い順張りBOで取引するなど使い方次第でFX以外にも充分使えるインジです。

では^^

参考になる方が見つかるはずです^^

FXトレード日記 ブログランキングへ

小銭がちょいちょい貯まります
モッピー!お金がたまるポイントサイト

FXBO369のアカウント凍結中で解除申請してるので、とりあえず違うアカウント作りました
今日も元気にツイート中