見てくれてあざぁす(^^)

皆さんは初めてPを打ったのはいくつの頃でしょう?俺は中3の頃でした。
フィーバードリームと言う享楽筐体っぽい台だったと記憶してます。
平台は道路工事等

一昔前のデジパチは2.5円ラッキーナンバー制、平台は定量打ち止め、一発台1回交換、権利物のみ無制限、スロットは7枚~8枚1回交換

PROの内訳は比較的甘い営業をしてる一つの店に定着して打ち回るジグマ。

今と違い新装開店と言うと本当に出してた時代で当時のP店の損益分岐16割に対し20割以上は確実に望めた時代で開店時間も18時OPENが当たり前の時代で予め組んだ放出予算額に達すると閉店、もしくは21時閉店が当たり前の時代でした。今と違いネットなんて普及してなく、開店PROは組織に会費は収める事で開店情報を買い集団で動いてた開店PRO。

攻略PROは当時の台の攻略要素を見つけ1日3件程度回る事で生計を立てていたと思います。

当時は2.5円ラッキーナンバー制だった事もあり朝のサービスタイム10時から11時に当たりを引けたら無制限札GETで閉店まで打つだけである意味攻略法でしたw毎日3万から4万の期待値は稼げた訳ですから。朝11迄当たりを引けるか引けないかが生命線でした。
引けなければ平台を2台から3台止めて朝11迄の投資分を回収し上乗せできれば上出来な感じだったと思います。
今では信じられない1K30回せる台が1週間放置等当たり前の時代でしたw

当時の主なスペック1/220 保留連20%から25% 出玉2.300~2.500個 へそ7個戻し

こんなパラダイスな時代が数年続いた訳ですから平打でも楽に稼げた訳ですが、当時、攻略PROは控えめでも毎日10万抜けるネタがゴロゴロあった訳ですから、平打や開店PROなんかはアホらしいと思ってたそうです。
自社で台を解析し、当たり周期を解析した上で販売用の◯◯◯を作っても、当たりを狙う為に止め打ちする事すら、面倒くさくて絶望感を覚えたそうですw今は違法ですし◯◯◯が使える機種なんてのなく、当時は合法でしたのであしからず。

今では1部上場してる某社も当時はメーカーBが当たり前で警察検査を受けた後に表面上は関係のないメーカーB部隊が夜中にBへ交換等普通に行われてた時代でもあります。

BLOGネタに困ったら当たり障りの無い程度にもう少し書いてみたいですが、又気が向きましたら書いてみたいと思います。

今日は安倍さんが掲げる地方創世か都心へ流れる不動産投資用中国マネーの事でも題材にさせて頂こうと思いましたが辞めました。

では^^

小銭が貯まります
モッピー!お金がたまるポイントサイト

ランキング参加してみました^^

FXトレード日記 ブログランキングへ

今日も元気にツイート中